もう3年も我慢しない

こんにちは。

 

1年はあっという間ですね。

 

今回は、よく世間で言われる「3年働いて決めたら?」について深堀していきます。



退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

入社3年以内の転職は不利?

「仕事和辞めたい」「転職したい」そう思っても、新卒社員や転職を短期間で繰り返している人の場合、「早く辞めすぎるのは良くないかも…」と思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

日本には古来から「石の上にも3年」ということわざがあります。

これは、「最初は大変でも3年くらい辛抱して続ければ成果が出る」といった意味でつかわれています。

実際に転職経験のある20~39歳の113人にアンケートを行った結果をご覧いただきます。

転職経験者に聞いた「初めての退職は入社何年目の時?」

結果は、1年目が17.7%2年目が23.0%3年目が25.7%となった。3年目がもっとも多く、3年以内に辞めた人の割合は、66.4%にも上ることが分かった。

厚生労働省が出している「H.28 新規学卒者の離職状況」において、新卒社員の約30%が3年以内に辞めていると言われています。

業種によって離職率は変わりますが、離職率の多い業界は、宿泊業・飲食サービス業でした。3年以内におよそ50%の新卒社員が退職しているようです。

転職するなら「とりあえず3年働いてから」だと思いますか?

結果は、「そう思う」と答えた人が28.3%「どちらかと言えばそう思う」と答えた人が31.9%全体の60.2%となっています。

転職は「3年働いてから」派の解答理由

・一般的にそう言われているから(27歳・男性)
・先輩や親に言われてきたから(25歳・女性)
・退職金や有休休暇など福利厚生を考えて3年は働く方がいい(35歳・男性)
・早く辞めてしまうと、仕事の良さが分からなさそうだから(27歳・男性)
・いやだと思っても、一通りこなしてみないと分からないから(28歳・男性)
・いろいろな視点から考えることができるようになるから(37歳・男性)
・1年目でいろいろ覚えて、2年目は頑張ってみて、3年目でようやく自分に合う仕事なのかが判断できるから(37歳・女性)



退職代行サービスのNEXT

3年も我慢しない

嫌いな上司、どうしても好きになれない仕事。

仕事には不条理はつきもの?3年我慢したら見えてくるもものはある?3年続けないと仕事の楽しさが分からない?

僕は、仕事の理不尽さを受け入れた人たちのそういう言葉を信用しません。

3年耐えたら仕事が楽しくなりますか。仮に楽しい仕事が待っていたとしても、”3年””耐え”ないといけないですよね。社会の理不尽さを受け止める忍耐力を身に付けて何になるんですか。

特に、20代・30代の比較的若い人の3年ってものすっごくでかくないですか。

3年後に会社や社会がどうなっているかなんて誰にもわかりません。3年も我慢してその先に何があるの?

世間の常識(?)では3年を1スパンで考えている人が多いようです。

確かに、会社によっては入社して3年が経たなければ退職金が支払われないということもあるようです。

しかし、3年も我慢して耐えて時間を無駄にして….そこまでして退職金が欲しいですか。

僕はいりません。退職金以上の価値のある時間を過ごします。 

職場の上司や親は「仕事は耐えるもの」と勘違いしています。それはひと昔前の考えにすぎません。

あなたの「今」は我慢や準備の期間ではありません。

準備や計画は予測でしかありません。我慢したって苦しいだけです。

どれだけ準備をしても、どれだけ我慢しても、結果は決まっています。

これはあくまでも僕の考えなんですが、準備や我慢だけで終わる人生って….楽しいんですかね….

3年後ではなく、3か月スパンで考えてみてはいかがでしょうか。

3か月後の未来ならある程度は予測できますし、短期的な目標を作ることで”耐える”という感覚は多少なりともなくなる気がします。

人と同じように”我慢して” ”耐えて” ”自分に言い聞かせて”……..

あなたの人生を生きてみませんか

今回は以上です。ありがとうございました。

参考記事:
マイナビ転職(https://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/caripedia/36

家入一真著『もっと自由に働きたい:とことん自分に正直に生きろ。』

Follow me!

コメント

  1. […] 初期のブログ「もう3年も我慢しない」で書いた内容と被る部分もありますがそのことについて。 […]

タイトルとURLをコピーしました