パーソナルトレーナーになるためには

トレーナー

こんにちは。

2021年3月に前職の不動産営業の仕事を退職し、本格的にパーソナルトレーナーになりました。

最近、「パーソナルトレーナーになりたいのですが何から始めたらいいですか」と質問が寄せられているので今回は「パーソナルトレーナーになるために必要なことをまとめました。

 

結論から答えると「パーソナルトレーナーと名乗った地点から誰でもパーソナルトレーナー」です。

必須な資格はなく、特別な試験もないので誰だってなれます。

なるのは簡単。そこからお客さんを獲得していくのが至難の業ですね。(僕も悪戦苦闘中です)

 

それでも誰かにトレーニングを教えるにあたって、「誰でもなれるから」と投げ出すのはあまりにも薄情なので、今回は「パーソナルトレーナーとして最低限必要なこと」について少し書いていきます。

  

ではいきます。

⓵自らがトレーニング知識を身に付ける

おそらくパーソナルトレーナーを目指している方のほとんどが自ら筋トレをされていることでしょう。

なぜか僕の周りに多いのが、「あまり筋トレをしてないトレーナーになりたい」という人です。

僕にはなぜそんな考えに至るのかがまったくもって理解できませんが、その人にはその人なりの考えがあるのだろうと思って普段はスルーしています。

 

クライアント様ににお金をいただいている以上、中途半端な知識・経験で教えてはならない。そう思います。

だから僕は自分自身、毎日トレーニングを継続しているし、本気でコミットしています。

知識習得を怠らず、常にトレーニングを中心に毎日を構成していかなければなりません。

 

⓶資格を取る

最初に「必須な資格はない」と書きましたが、資格があることに越したことはありません。

パーソナルトレーナーと名乗っている人はこの世に5万といます。

 

その中からどうやってお客様はあなたを選びますか?

それは、実績・経験そして資格ではないでしょうか。

 

もちろん無資格で活躍されているトレーナーさんもたくさんいらっしゃいます。

が、しかし、お客様がひと目で見て分かるものがあって損はないですね。

 

⓷他との差別化

これは難しいところですよね…(僕も日々悪戦苦闘中です)

偉そうに言える立場じゃないですが、何かしら特色がないと魅力につながりません。

差別化を図るために先ずは他を知ることから始めましょう。

何かいいアイデアが思いついた人はこっそり教えてください。はずみます。

 

⓸とりあえず何かをやる

結局はこれが一番です←薄っぺらっ。

とりあえず手あたり次第興味があるものに挑戦してみる。だめならだめで諦める。

そうすることで今の自分には何が足りていないのか、逆に自分の強みにも気づけます。

何もしないなんてもったいないですからね。

 

こんな感じでしょうか。「パーソナルトレーナーになるためには」なんて生意気なことを書きましたが是非参考になればと思います。

僕もまだまだ未熟物ですが、一緒に高めあっていきましょう!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました