同期という存在

未分類

2021年3月に前職の不動産営業を退職し現在に至ります。

新卒で採用していただき、11ヶ月間たくさんの経験をさせていただきました。

営業という奥深い職に悩み、もがき、時には失敗して、でも上司にはいつも励まして褒めてもらいました。

コロナ禍で単独営業が多かった中で、時には気持ちが折れる時もありました。というかボロボロでした。

そんな中で唯一モチベーションとなっていたのが同期の存在でした。

熊本には同期は居らず、直接同期に会うことはほとんどなかったのですが、福岡にそして全国に同期は沢山いました。

同期に負けたくない。自分が今息抜きしてる間にも全国の同期は契約に近づいてるかもしれない。

そう思うとモタモタしている暇はありませんでした。

内定式の日初めて全国の同期に会い、内定者研修の時に九州の同期に会い、みんなものすごく素敵な人で面白くてしっかりしていて、でもフレンドリーで最高でした。

 

僕が退職を決めた時も後押ししてくれて、「輝樹なら絶対大丈夫」と背中を押してくれました。

こんな素敵な同期は他にいないと思います。本当にありがとう。

今は別々の道を進んでるけど、社会人としての出発点がみんなと一緒でほんとによかった。心強かった。

 

皆さんも”仲間”と呼べる人をぜひ大切にしてください。いつか必ず困った時に助けてくれます。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました