唐辛子が実ってきたお話

未分類

毎朝の楽しみは家の外で育ててる唐辛子に水をあげることです。

 

朝一で外に出て外の空気を吸う。

プロテインシェイカーに水を入れてだんだん実ってきた唐辛子をニヤニヤしながら眺める。

はいどうも。寝癖メガネプロテイン男です。

唐辛子を育てたくて育て始めたのではなく、朝一で外の空気を吸うついでに唐辛子に水をやっているという感じです。

 

朝一の外の空気は最高です。

晴れてる日はもっと最高。夏の朝なんてもっともっと最高。

目が覚めてベッドの上でダラダラしてる暇があったら何も考えずにとりあえず外に出てみて下さい。

最高の1日のスタートがきれます。

 

以前のブログにも書きましたが、日光を浴びるとセロトニンという物質が生成されて幸せになれます。

「嘘だろどうせ」「周りに流されてるだけだろ」そういうことを思う人は一生寝てればいい。

 

唐辛子を育てろとは言いませんが、なにか植えてその水やりに起きるのも手ではありますね!

とにかくやってみてください。

3日で辞めても誰も文句は言いません。続けられればラッキーくらいの軽い気持ちでやってみましょう!

 

今日もお疲れ様でした。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました