人の目を気にする限り自分の人生とは呼べない

検証

今あなたは誰かに嫌われていますか?

 

YESの人はもっともっと人に嫌われましょう。

 

嫌われると言っても、嫌なことをする必要はありません。

 

人は自分のやりたいことをやっていく過程で必ず誰かに嫌われてます。

表立って「お前嫌い」と言ってくる人はほとんどいません。大抵の場合「なんかムカつく」「ウザイ」と心の中で思われてます。

 

しかしどうでしょう?

声も出さずに陰で自分のことを嫌ってる奴らなんか気にする価値がありますか?

ないですよね。

 

要するに

気にするだけ時間の無駄。

ということ。

 

僕はつい半年前までは人の目ばかり気にしていました。

営業でなかなか成果が出ない時は「また上司に詰められる」と。

お客さんの家に行く時は「迷惑だと思われてるだろうな」と。

“自分の道”なんて微塵もなかった。

 

それが今は、嫌うならどうぞ嫌ってくださいスタンス。

1000倍こっちの方が生きやすい。

 

そして、嫌う人より応援してくれる人が出てくる。

それが何よりも嬉しいし励みになる。

 

あなたの事をあなたがいちばん大切にするべきです。

自分のことをもっと知りもっと自信を持ってください。

そしてもっと自分を好きになってください。

あなたは素晴らしい人間です。

もっと評価されるべきです。

 

振り返ってみてください。

「今あなたは誰にでも好かれようとしてませんか?」

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました