誰かのモチベーションになるということ

未分類

こんにちは。

久しぶりの投稿です。

書き出したらどんどん書きたいので今日は今から10記事書きます。(嘘です)

 

最近、パーソナルトレーナーとして活動していくうえで常々考えていることがあります。

「自分は他のパーソナルトレーナーと何が違うのか」。

 

僕は今、エニタイムフィットネスで店長兼パーソナルトレーナーとして、また個人でも「T&P熊本」という出張をメインとしたパーソナルトレーニング活動をしています。

・・・・・待てよ待てよ。

このままだと日本中に5万といるトレーナーとなんも変わらないじゃんか。

トレーナー×〇〇」をずっと探していますが、これといったものはいまだ見つかっていません。

 

多くのお客様と関わらせていただくには、生半可な気持ちでは無理。

お客様から選んでいただくには、それなりの個性と特徴が必要。

今の僕にはお客様に認められるような個性はない。特徴もない。

 

僕は考えました。寝ずに考えました。(ガチで眠れなかった)

他の人よりも長けていることは何か。自信のあることは何か。

 

 

絞りだした答えがひとつだけあります。

お客様のモチベーションを上げること。いや、

「僕自身がモチベーションになる事」。

山下輝樹の存在自体がお客さまのモチベーションになる。

これだけは他のトレーナーさんよりも圧倒的な自信があります。

 

トレーニングに最も必要なものは「ジム」でも「鶏胸肉」でも「ウエア」でもありません。

「やる気」です。「モチベーション」です。

気持ちがないところには何も生まれません。

気持ちがあって初めて人は動き出します。

「痩せたいんだけど何から始めたらいいか分からないから、また今年も痩せられなかった……」

そんな人が多いのではないでしょうか。

実際にジムで働いていて退会していく人のほとんどが「ジムに行かなくなった」です。

僕は自分の情けなさと悔しさでいっぱいです。

せっかくジムに行こうとやる気になったのに、その気持ちに答えてあげられなかった。

モチベーションを高く保つためにジムのスタッフとしてもっともっとできることを探していかなければならないと痛感しました。

しかし先日、いつも仲良くしていただいている客様に、

「山下さんがいつも声を掛けてくれるからジムに来よう!って思えます。」

と、この上なく嬉しい言葉を頂きました。

これ以上にトレーナーをやっていて嬉しい言葉はない。ありがたい…

僕にできること。

それはお客さまのモチベーションになること。

「トレーナー×〇〇」の答えにはなっていないけど、何か僕がこれから進んでいく道がうっすら見えてきた瞬間でした。

「山下さんのパーソナルを受けたから痩せられた」

これは当たり前。誰のパーソナル受けてもある程度は痩せられる。

 

「痩せる」以上の価値を提供する。

これが今の僕の目標です。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました